奈良県社会保険労務士会
文字サイズ
HOME > 社労士の活用を/社労士の仕事
社労士の活用を

社労士の仕事

労働社会保険や労務管理の専門家として、事業の発展と労働者の福祉の向上を幅広くサポートします。
社会保険労務士は、昭和43年6月に制定された社会保険労務士法に基づく人事・労務管理の分野における唯一の国家資格者です。労働社会保険関係(健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法等51の法律)および労務管理(労働条件、福利厚生、人事関係、個別労働関係紛争解決等労使関係)の専門家として、事務手続きの代行から、人事・労務管理に関するコンサルティング等をトータルにバックアップします。更には、年金の相談にも、応じる「ヒト」に関するエキスパートです。

社会保険労務士の主な仕事

  1. 労使トラブルの未然防止のお手伝い
  2. 労働・社会保険書類の作成および官公署への提出代行
  3. 職場のルールブックである就業規則等の作成
  4. 人事制度、賃金・退職金制度の設計
  5. 安全衛生教育等を通じ、労働災害のない職場環境をサポート
  6. 各種助成金・奨励金等の有効活用をお手伝い
  7. 公的年金の請求に関するご相談
  8. 給与計算事務の受託

■その他、こちらもご参考に
 全国社会保険労務士会連合会の「こんな時は社労士に相談」へ
 http://www.shakaihokenroumushi.jp/consult/tabid/208/Default.aspx